image03

仕事をする上で理想である働き方は一体どんなものでしょうか

仕事をする上で理想である働き方は一体どんなものでしょうか。「好きな事で生計をたてられ、それを生涯仕事に出来る」ということなのではないのでしょうか。実際そんな仕事をしているという人はごく少数でしょう。実現することは困難かもしれませんが、不可能はないといえます。理想をいつも掲げてキャリヤを形成することは、自分自身の成長やモチベーションアップに繋がり、将来にむけての幸せな仕事人生を掴めるのではないでしょうか?転職する時に、中途採用者であれば、履歴書と共に職務経歴書などの提出も求められる場合が多いことでしょう。

職務経歴書は、自らの業務の経験や所持している資格、スキルなどを担当者に提示するためのものです。中途採用者の場合、職種によりますが即戦力としての知識を求められることなどもあるでしょう。そうした時に自分が現在まで培った業務経験やスキルをあますことなくアピールすることで、会社の目に留まり易くなるかもしれませんね。どんな成果をあげ、どのようにしてスキルを向上させたのか、具体的な業績やプロセスなどを丁寧に作成すると、さらに自分のPRにも繋がっていくのではないでしょうか?転職の面接では、新卒の時の面接と違う趣旨の質問などをされる場合があります。

未経験の状態から学ぶ新卒者とは異なり、即戦力としてのスキルを求められることがよくある中途採用者は現在までにどのような経験を積み重ねてきているのか、どのようなスキルを持ち合わせているか、これをどう活用することが出来るかということが、主だった答えになると思われます。さらに何がきっかけで転職をしたいと考えるようになったのかも問われることでしょう。自己のアピールを織り交ぜつつ答えることが出来るよう、先に練習をきちんと行っておき、準備できた状態で面接に行くようにしましょう。

更新情報